レンジフード交換工事の流れ

レンジフード交換工事の流れ

選べるレンジフード

レンジフードは、換気扇のシステム全体と、調理中に発生する煙や湯気を効率的に集めるフード部により構成されています。現在、スリム型やフラット型など、形状の違うタイプが販売されていて、キッチンスペースやスタイルにより、適した形状を選べるようになっています。
 
  • レンジフード交換を考える時期
レンジフードは、換気扇のシステム全体を含め、家庭の中でほぼ毎日使用される、負荷のかかる場所だと言えます。機械的なことを考慮して、設置から10年前後で新しいモデルへの交換を考えるといいでしょう。
 
新しいモデルは、「掃除のやりやすさ」という点では、一昔前のモデルとは比較にならないほど上を行きます。また、最近はコンロとのシステム化も進んでいるため、レンジフードを交換するなら、ついでにコンロもセットで交換という手もあるでしょう。セットで交換すると、別々に交換するよりも大幅にお得です。
 
実際、レンジフードも10年が経過すると、異音や換気能力の低下など、さまざまな問題が出てくるものです。長く使用しているのであれば、不具合を感じたときに交換するという考え方でもいいでしょう。
 
  • レンジフード交換、レンジフードを選ぶ
レンジフードを選ぶに際しては、それぞれ条件があると思います。しかし、一般的には新築でも無い限り、「夢のレンジフード」などありませんので、掃除などのメンテナンスをやりやすい機種が第一候補となってくるのではないでしょうか。以下、よくある「レンジフードを選ぶ基準」を考えてみます。
 
  • レンジフード交換、メンテナンスがやりやすい
最新のスリム型レンジフードに装着されている換気扇は、換気パワーに優れ、油汚れの量を劇的に低下させる機構が搭載されている製品もあります。また、パーツにコーティングが施されていて、油汚れが容易に付着しない製品もあります。
 
  • レンジフード交換、取り付け場所で選ぶ
実際、これが一番大切です。なんと言っても、取り付けられないレンジフードを選んでしまっては、どうしようもありません。最近主流となっているスリム型のレンジフードであれば、だいたいの条件にフィットすると思います。ただ、天井スペースが限られると設置できないケースもあります。こうしたケースではフラット型(浅型)のレンジフードが選択肢になります。また、対面式のモダンなキッチンなら、天井に取り付けるタイプのレンジフードを選ぶ必要があります。
 
  • レンジフード交換工事の所要時間
元々取り付けられているレンジフードのタイプにより変わるため、一概には言えませんが、レンジフード交換工事の所要時間は約2時間から4時間です。もちろん、この所要時間は業者に依頼した場合です。


レンジフード 交換

レンジフード 交換工事

レンジフード 激安